県内ニュース

主要

  • Check

美の競演7日開幕 柳津町で「ムンク×斎藤清展」特別企画展

 柳津町の斎藤清美術館の特別企画展「ムンク×斎藤清展」の展示準備作業が2日、同美術館で始まり、「叫び」などの作品で知られるノルウェーの画家エドバルト・ムンクの版画「病める子」などが設置された。7日に開幕する。
 晩年を柳津町で過ごした世界的版画家の故斎藤清さん(会津坂下町出身)の生誕110年と同美術館の開館20周年を記念した特別企画。斎藤さんはムンクの「病める子」などを好んで模写し、光の明暗や濃淡、構図などを学んだとされる。
 国立西洋美術館、三重県立美術館、静岡県立美術館が所蔵する計9点のムンクの版画作品をはじめ、斎藤さんがムンクの影響を受けて制作した作品など約60点が並ぶ。担当者らは作品を丁寧に設置し、照明の明るさを調整するなどした。
 同美術館の主催、実行委員会、斎藤清画伯顕彰協議会の共催。会期は29日まで。開館時間は午前9時から午後5時(最終入館は午後4時半)。期間中は無休。観覧料は一般700円、高校・大学生500円、中学生以下は無料。
 問い合わせは同美術館 電話0241(42)3630へ。

■「会津の冬」全作品 県立美術館 7日から斎藤清展
 福島市の県立美術館では7日、企画展「生誕110年・没後20年記念 斎藤清からのメッセージ」が開幕する。「会津の冬」シリーズ全115点を含む初期から晩年までの作品・資料約230点が並ぶ。
 観覧料は一般・大学生1000円、高校生600円、小・中学生400円。12月10日まで。問い合わせは同美術館 電話024(531)5511へ。

カテゴリー:主要

斎藤清美術館に展示されるムンクの「病める子」
斎藤清美術館に展示されるムンクの「病める子」

主要

>>一覧