県内ニュース

  • Check

「美山錦」黄金の実り 榮川酒造など稲刈り

 磐梯町の榮川酒造やJA会津よつば磐梯稲作生産部会酒米研究会などは3日、町内の農業鈴木悟司さんの水田で酒造好適米「美山錦」の稲刈りを行った。
 榮川酒造の「立春朝搾り」の原料にするため、約40アールの水田で育ててきた。宮森優治取締役ら約50人が参加した。
 黄金色に色付いたほ場に入り、鎌で丁寧に刈り取った。稲穂を束ねて扇形に開く「三輪立て」にして乾燥させた。
 宮森取締役は「造り手の思いを込めて、日本酒の良さを伝えていきたい」と話している。「立春朝搾り」は来年2月4日の立春に合わせて出荷される。

カテゴリー:今日の撮れたて

豊かに実った稲穂を刈り取る宮森取締役(左)ら
豊かに実った稲穂を刈り取る宮森取締役(左)ら

今日の撮れたて

>>一覧