県内のスポーツ

  • Check

重量挙げ成年男子近内(日大)大会タイ記録 えひめ国体

 第72回国体「2017愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第6日は5日、愛媛と兵庫の両県で11競技を行った。県勢は馬術少年男子スピードアンドハンディネスの杉本瑞生選手(御殿場西高3年、南相馬市出身)と重量挙げ成年男子69キロ級ジャークの近内三孝選手(日大4年、田村高卒)が優勝した。
 杉本選手は59秒66で優勝した。愛馬サンドウィッチ・コアとつかんだ初の栄冠に、「満足の結果が残せた」と喜びを語った。
 近内選手は171キロの大会タイ記録で頂点に立った。「練習してきた成果が出せた。さらに体を鍛えて世界レベルの選手になりたい」と意気込んだ。

カテゴリー:福島のスポーツ

福島のスポーツ

>>一覧