県内ニュース

主要

  • Check

小高でドローン配達 店舗から移動販売車へ 楽天とローソン

 楽天とローソンは31日、南相馬市小高区で小型無人機「ドローン」を使った商品配達を始める。ローソンの移動販売車が地域を回り、不足している商品を注文に応じて店舗から販売車までドローンで空輸する。小高区は東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示解除で帰還が進む一方、高齢化率の上昇が課題。最先端技術で「買い物弱者」を支援する。
 販売車はローソン南相馬小高店を拠点に、店舗から約2.7キロ離れた小谷集落センターで毎週1回、販売する。販売車に積み込んでいない商品は店員が店舗に連絡し、小谷集落センターまでドローンで届ける。
 商品の空輸時間は約7分で、重さ約2キロまで対応が可能。爪切りや香典袋などの日用品、販売車では扱えない人気商品の「からあげクン」など揚げ物の空輸が想定されるという。ドローンはあらかじめ設定された小高川の支流に当たる前川沿いを飛ぶため、民家上空などは飛行しない。
 販売車は水曜日に小屋木地区、木曜日に小谷と飯崎の両地区で運行される。ドローン配送は木曜日の小谷集落センターのみが対象。半年間の実証試験で効果を検証し、全国にも広げる考えだ。
 南相馬市の桜井勝延市長、楽天の三木谷浩史会長兼社長、ローソンの竹増貞信社長は6日、東京都内で記者会見した。桜井市長は「市民の利便性が高まり、住民が集う場にもなる。積極的に応援したい」と語った。
 問い合わせはローソンカスタマーセンター フリーダイヤル(0120)073963へ。

カテゴリー:主要

事業概要を発表した(左から)三木谷会長兼社長、桜井市長、竹増社長
事業概要を発表した(左から)三木谷会長兼社長、桜井市長、竹増社長

主要

>>一覧