県内ニュース

主要

  • Check

県と土地売買契約締結 東京のホープ・インダストリー

 金属製品製造業ホープ・インダストリー(本社・東京都)は11日、県と新白河ビジネスパーク(白河市)の土地売買契約を締結した。年内にも工場建設に着工し、来年5月ごろの操業を目指す。
 同社は1984(昭和59)年創業で、大田区内に2つの工場がある。数値制御工作機械を中心とする部品加工、多品種少量生産・試作加工、組み立てを行う。市内13原道上の新白河ビジネスパークの3000平方メートルを取得し、社員13人が東京から移る。10人程度の新規雇用を予定しているという。
 締結式は市役所で行われ、安藤誠治社長と吉田孝県企業局長が契約書に調印した。同社の福田啓助さんが立ち会った。安藤社長は「1日も早く地域になじみ、地域の技術向上に努めたい」とあいさつ。吉田局長、鈴木和夫市長が雇用拡大に期待した。

カテゴリー:主要

締結式に臨む(右から)吉田、安藤、鈴木、福田の各氏
締結式に臨む(右から)吉田、安藤、鈴木、福田の各氏

主要

>>一覧