県内ニュース

主要

  • Check

全国植樹祭県実行委に寄付 福大サークル「とげっちょ組」

 福島大の地域活性化サークル「とげっちょ組」は11日、全国植樹祭県実行委員会に3万円を寄付した。白河市で9月に催された音楽イベント「風とロック芋煮会2017」で販売した間伐材のオリジナル割り箸の売上金の一部を寄せた。
 贈呈式は県庁で行われ、七海航平代表(21)=共生システム理工学類2年=が実行委幹事長の佐竹浩県農林水産部長に目録を手渡した。七海代表は「福島で育った者として森林再生の一助になりたい」と述べ、佐竹部長は「50年後、100年後を見据え、津波で流された防災林の再生のために有効に使わせていただく」と応じた。
 大谷和輝さん(20)=行政政策学類2年=、高谷優希さん(19)=経済経営学類2年=、畠和馬さん(18)=同1年=が一緒に訪れた。
 とげっちょ組は、南会津町の授産施設「あたご共同作業所」で作られた間伐材割り箸を、学生らがデザインした箸袋に入れて販売した。飲食ブースへの割り箸の提供と回収にも取り組み、森林環境保全活動や来年6月の全国植樹祭(南相馬市)をPRした。

カテゴリー:主要

佐竹部長(中央)に目録を手渡した七海代表(右から2人目)ら
佐竹部長(中央)に目録を手渡した七海代表(右から2人目)ら

主要

>>一覧