あぶくま抄・論説

あぶくま抄

  • Check

Jへの扉(10月13日)

 サッカー場や商業施設を備えた、いわき市常磐上湯長谷町の「いわきFCパーク」が注目を集める。昼時や休日には多くの人が訪れ、食事や買い物を楽しむ。観光都市の新たな拠点に成長した。
 クラブハウスにはスポーツ用品ブランドの店舗や輸入車販売店などが入居する。すき焼き、すし、みそかつなどの飲食店では秋の味覚をふんだんに使ったメニューが登場し、魅力を増した。休日を中心に無料開放される人工芝サッカー場は家族連れにはたまらない。近くの温泉街やレジャー施設をはしごする観光客も多いという。
 施設ではサッカーの県社会人リーグ1部のいわきFCが練習に励む。肉体を鍛え上げるチームスタイルで、試合では疲れを見せずゴールを狙い続ける。発足2年目にして天皇杯で県代表を勝ち取り、全国大会2回戦でJ1チームを破った。試合には多くのファンが駆け付け、声をからす。
 全国社会人サッカー選手権大会は、きょう福井県で開幕し、チームはあす初戦に臨む。上位に入れば、日本フットボールリーグ(JFL)昇格を懸けた大会に出場できる。いわきの熱い思いはきっと選手に届く。「J」の扉をこじ開ける戦いが始まる。

カテゴリー:あぶくま抄

あぶくま抄

>>一覧