県内ニュース

主要

  • Check

期日前投票1.60倍に 投票1週間前、前回2014年に比べ

 衆院選の投票1週間前となる15日現在の期日前投票者数は7万4578人で、2014(平成26)年の前回同期の1・60倍となった。全59市町村のうち57市町村で前回を上回った。県選管委が16日に発表した。
 有権者に占める期日前投票者の割合は4・58%で、前回の2・90%を1・68ポイント上回った。県選管委は要因について、有権者に制度が定着してきた点、野党再編による選挙関心の高まりなどが背景にあるとみている。
 市町村別の投票状況は【表】の通り。市部で有権者に占める投票者の割合が最も高かったのは福島市で、6・04%に当たる1万4439人が投票した。町村部では富岡町が最高で、10・05%の1146人が1票を投じた。市部全体の投票者は5万7102人で前回同期の1・62倍、町村部全体では1万7476人で1・52倍だった。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧