県内ニュース

主要

  • Check

聖光学院センバツ有力 能代松陽(秋田)破り決勝へ 秋季東北高校野球

 来春の選抜高校野球大会(センバツ)につながる第70回秋季東北地区高校野球大会の準決勝は17日、福島市のあづま球場で行われ、県第1代表の聖光学院は能代松陽(秋田第1代表)に16-2で大勝し、決勝に進んだ。センバツには例年、秋季東北大会の優勝、準優勝の2校が一般選考枠で選ばれている。第90回記念大会となる来春は東北から例年より1校多い3校が選出される。秋季東北大会で上位2校入りが確定した聖光学院はセンバツ出場が有力になった。
 日本高野連などでつくるセンバツの大会運営委員会が来年1月26日に開催予定の選考委員会で、秋季地区大会の戦績などを基に出場校を決める。聖光学院が選ばれた場合、2013(平成25)年以来、5年ぶり5度目の出場となる。
 聖光学院は18日午前10時から花巻東(岩手第1代表)とあづま球場で決勝を争う。

カテゴリー:主要

決勝進出を果たし、応援席に向かって駆けだす聖光学院ナイン
決勝進出を果たし、応援席に向かって駆けだす聖光学院ナイン

主要

>>一覧