あぶくま抄・論説

あぶくま抄

  • Check

秋キャンプ(10月18日)

 どの季節のキャンプが楽しいか-。郡山市の居酒屋でアウトドア談義に花が咲いた。どちらかというと夏のイメージだが、四季折々に楽しみ方がある。年間数回は出掛けるという知人は、秋を勧める。
 理由はいくつかある。夏場と違い、蚊に刺される心配がないのが一番だ。「かゆい思いをしてまでも…」と、敬遠しがちな人は少なくないだろう。秋が深まるにつれて木々が色づき始め、虫の音色も心地いい。少し肌寒いが、自然の中で味わう温かい料理と、たき火を囲んで語らうひとときに心癒やされる。知人が言うのもうなずける。
 郡山市逢瀬町に高篠山森林公園がある。知る人ぞ知るキャンプ場だ。週末になると多くの家族連れやグループが繰り出す。テントのサイトとデッキ、バンガローなどを備える。必要ならテントも貸し出してくれる。公共施設だけに、利用料はお手頃だ。散策路にあるドウダンツツジの紅葉が始まり、秋キャンプのお膳立ては整った。
 何より市街地から車で20分ほどで行けるのが魅力だろう。身近な所に、こんなに恵まれた環境はそうはない。季節を問わず自然に身を委ねる。キャンプ好きならずとも古里の良さが身に染みる。

カテゴリー:あぶくま抄

あぶくま抄

>>一覧