県内ニュース

主要

  • Check

いわき・双葉郡の観光活性化へ 商業施設が協議会結成

 いわき市の商業施設「道の駅よつくら港」「ワンダーファーム」「浜風きらら」が中心となり、市内北部や双葉郡の観光交流人口の拡大を目指すNSC(ノース・サンシャイン・コースト)協議会は19日、発足した。
 施設相互の連携を強化し、共同事業やイベントなどを実施することで、観光客の入り込み数の増加や地域資源の掘り起こしにつなげる。行政をはじめ四倉、久ノ浜大久地区、広野、楢葉両町の観光・宿泊施設などに協力を呼び掛け、会員やサポーターを増やしていく。来年夏に一部再開予定のJヴィレッジ(楢葉町、広野町)などが参加を表明している。各種イベント、スタンプラリーや周遊マップの作製、旅行業者とタイアップしたツアーの造成などを企画している。
 会長に就任したNPO法人よつくらぶの伊藤浩一理事長、副会長を務めるワンダーファームの元木寛社長、浜風きららの高木重行社長、Jヴィレッジ管理グループの山内正人課長が市役所で記者会見して発表した。伊藤理事長は「それぞれの施設の特色を生かし、地域ぐるみで浜通りを盛り上げていきたい」と話した。

カテゴリー:主要

協議会設立を発表する(右から)元木社長、伊藤理事長、高木社長、山内課長
協議会設立を発表する(右から)元木社長、伊藤理事長、高木社長、山内課長

主要

>>一覧