県内ニュース

主要

  • Check

安全!おいしい!県産おさかな 相馬でフェス

 県産水産物の安全性とおいしさを伝える「ふくしまおさかなフェスティバルin相馬」は21日、相馬市尾浜の相馬原釜地方卸売市場で開かれ、港は来場者約5千人で活気にあふれた。
 県が昨年に続いて企画した。試験操業で水揚げされたカレイ類、アジ、イカなどを販売した。500円で参加できる魚のつかみ取りに長い行列ができた。参加者はアジ、カレイ、ヒラメ、タイなどを袋いっぱいに詰めていた。
 郷土の魚料理振る舞いではアンコウのみそいため、ホッキ飯、ヒラメとカナガシラのフライを各200食限定で提供し、大盛況だった。タコやツブ貝の串焼き、カレイの塩焼きなどを販売し香ばしい匂いが立ち込めた。
 福島市から訪れた鈴木久さん(67)は鮮魚の詰め合わせを購入し、「相馬の魚はとてもおいしい。さばいて早速、夕飯の食卓に載せたい」と笑顔を見せた。
 11月12日はいわき市小名浜で開催する。

カテゴリー:主要

魚のつかみ取りに挑戦する来場者
魚のつかみ取りに挑戦する来場者

主要

>>一覧