あぶくま抄・論説

あぶくま抄

  • Check

鍋もの指数(11月6日)

 今年の冬は早足のようだ。吾妻山の初冠雪と福島市の初霜はともに平年、昨年より早かった。出勤時もコートが欠かせない。温かい食べ物が恋しくなる。手軽なごちそうなら鍋物だ。
 湯豆腐やかき鍋、ちゃんこ鍋、もつ鍋、あんこう鍋、キムチ鍋。冬の食卓を飾る顔ぶれは多彩だ。ソーセージ入りのトマト鍋やカレー鍋は子どもたちの人気が高い。水炊きをポン酢、ゆずこしょうで、お気に入りの味に仕上げて楽しむ人もいる。締めに餅やうどんを入れたり、雑炊にしたり、各家庭によって自慢の味がある。
 日本気象協会は、ホームページで天気予報と一緒に洗濯指数や紫外線指数など暮らしに密着した情報を発表している。「鍋もの指数」もその一つ。寒さや空気の乾燥具合などから指数を出す。暖かな日は数字が小さく、寒くなるほど「100」に近づく。さらに、指数に合った全国各地のおいしい名物鍋を提案する。
 きょう6日の福島市の鍋もの指数は「60」。この指数なら、お勧めは滋賀県の鴨[かも]すきだという。仕事の後の夜ご飯、奥さんに頭を下げて頼んでおこうか。それとも、気が合う友人と居酒屋にでも繰り出すか。鍋を囲めば心も体もポカポカになる。

カテゴリー:あぶくま抄

あぶくま抄

>>一覧