県内ニュース

主要

  • Check

植樹祭県実行委に鍬寄贈 若松の堤製作所

 会津若松市の堤製作所は9日、全国植樹祭県実行委員会に鍬(くわ)10本(5万円相当)を寄贈した。
 贈呈式は同社で行われ、堤秀子社長が鈴木秀一実行委事務局長(県全国植樹祭推進室長)に鍬を手渡した。堤社長は「植樹祭を盛り上げるために役立ててほしい」と述べた。
 同社が製造する鍬は「姫鍬」と呼ばれ、ステンレス製で軽く、県内外で広く使われている。1979(昭和54)年に愛知県で開催された全国植樹祭で天皇、皇后両陛下、2000(平成12)年に猪苗代町で催された全国育樹祭で皇太子ご夫妻がそれぞれ同社の鍬を手に取られた。
 実行委は11日に南相馬市で開く全国植樹祭200日前記念イベント「うつくしま育樹祭」の代表植樹などで「姫鍬」を使用していく。

カテゴリー:主要

鈴木事務局長(手前左)に鍬を贈る堤社長(同右)
鈴木事務局長(手前左)に鍬を贈る堤社長(同右)

主要

>>一覧