県内ニュース

主要

  • Check

現新4人立候補 福島市長選

 任期満了に伴う福島市長選は12日、告示された。再選を目指す現職小林香氏(58)=無所属=、幼児園長の新人法井太閤氏(72)=無所属=、元復興庁福島復興局長の新人木幡浩氏(57)=無所属=、元県議の新人桜田葉子氏(60)=無所属=の4人が立候補し、19日の投票に向けて激しい舌戦を繰り広げている。

 小林候補は中核市への移行推進、交通インフラ整備、医療系の企業誘致など1期目の実績をアピールし、市民の健康増進や東北中央自動車道を活用した広域連携の強化を打ち出している。
 法井候補は子ども1人につき毎月5万円の子育て支援金を給付する支援策を強調。毎週、市民と市長の意見交換会を開催しながら、幅広く民意を市政に反映させていくとしている。
 木幡候補は福島復興局長を務めた経験を基に、復興の加速化を訴えている。農業や医療関連産業など福島の強みを生かして経済振興を進める公約や、中心市街地活性化を掲げている。
 桜田候補は県議時代から取り組んできた人口減少対策を公約の柱に据えた。周産期からの切れ目のない支援、企業内保育所設置の拡充で日本一子育てのしやすい都市づくりに力を注ぐとしている。
 自民党福島市総支部、公明党福島総支部、共産党福島・相馬地区委員会は自主投票とした。民進党県第1区総支部は木幡氏への支援を決め、社民党福島総支部は木幡氏を支持している。
 2013(平成25)年の前回市長選の投票率は49・10%。4人による選挙戦は2005年以来となった。
 投票は19日午前7時から午後8時まで市内81カ所で行う。同日午後9時半から市国体記念体育館で開票される。
 11日現在の有権者数は、23万8873人(男11万5473人、女12万3400人)。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧