県内ニュース

主要

  • Check

双葉郡首長、第二原発速やかに廃炉を 東電社長は従来の主張

 東京電力の小早川智明社長ら幹部は14日、浪江、大熊、双葉、楢葉4町の首長を訪ね、福島第一原発の廃炉や原発の安全確保に関する決意を説明した。各首長からは福島第二原発の早急な廃炉などを求める声が上がった。

 浪江町の馬場有町長は福島第二原発の廃炉について「県民感情を酌んで速やかに廃炉にしてほしい。それが信頼につながる」と訴えた。小早川社長は「原子力事業全体を整理した上で判断する。しっかりと検討していく」と従来の主張を繰り返した。
 大熊町の渡辺利綱町長は「双葉郡は帰還に向けて大事な時期に入っている」との考えを示し、安全安心の確保のため着実に廃炉を実施してほしいと強く要望した。
 双葉町の伊沢史朗町長は福島第一原発の廃炉について「安全管理などの徹底は絶対必須の条件。住民に安心してもらえるよう取り組んでほしい」と要請した。
 楢葉町の松本幸英町長は「被災自治体は住民の帰還に向け全力で取り組んでいる」とした上で、福島第一原発の廃炉の着実な遂行を求めた。
 小早川社長は15日、富岡町を訪問する。

カテゴリー:主要

小早川社長に福島第二原発の廃炉を求める馬場町長(右)=浪江町役場
小早川社長に福島第二原発の廃炉を求める馬場町長(右)=浪江町役場

主要

>>一覧