県内ニュース

主要

  • Check

6年8カ月ぶり再建 原町の介護施設「ヨッシーランド」

 東日本大震災の津波で利用者、職員合わせて37人が犠牲になった南相馬市の介護老人保健施設「ヨッシーランド」が同市原町区石神字赤坂110の1に新たに再建され、19日に竣工(しゅんこう)祭と落成式が行われた。約6年8カ月ぶりの復活に関係者は地域の介護・医療の復興への誓いを新たにした。
 再建されたのは被災当時の場所から西側に約6キロ離れた内陸部。建物は鉄骨造り一部2階建てで延べ床面積は約4100平方メートル。被災当時と同じ100床の老健施設の他、定員32人の通所リハビリテーション施設、定員18人のグループホームヨッシー4を設けた。12月1日から入所を開始するが、介護士不足などから当初は40床で運用する。2016(平成28)年3月から敷地の整備を進め、同年12月に着工した。総工費は約20億円。
 新施設で竣工祭が行われ、施設を運営する医療法人「慈誠会」の猪又義光理事長らが玉串をささげた。市内のロイヤルホテル丸屋で落成式を行い、猪又理事長は「ついにこの日を迎えることができた。感謝以外の言葉はない。地域の介護・医療に貢献していく」とあいさつした。関係者約130人が出席し、震災で甚大な被害を受けた象徴的な施設の復活に感慨を深めていた。

カテゴリー:主要

6年8カ月ぶりに再建されたヨッシーランド
6年8カ月ぶりに再建されたヨッシーランド

主要

>>一覧