県内ニュース

主要

  • Check

奥会津の伝統学ぶ 福大付属小児童が学習列車

 JR只見線を活用した奥会津学習列車は21日、会津若松市の会津若松駅から金山町の会津川口駅まで運行され、福島市の福大付属小の4年生105人が一部区間で不通となっている只見線の現状や沿線にある町の伝統文化を学んだ。
 只見町観光まちづくり協会の酒井治子事務局長と県南会津地方振興局の佐々恵一次長が案内人を務め、2011(平成23)年7月の新潟・福島豪雨災害による只見線の被災状況を説明した。
 会津柳津駅からは柳津観光協会の職員が乗り込み、柳津町に伝わる赤べこ伝説や名物のあわまんじゅうを紹介した。児童はあわまんじゅうを頬張り「おいしい」と笑顔を見せていた。三島町観光協会の職員は伝統の編み組細工などを教えた。
 児童は只見町に宿泊した後、22日も只見線に乗り、会津川口駅から会津若松駅まで移動する。
 学習列車は只見線の利用促進や教育旅行の受け皿づくりを目指し、県が企画した。

カテゴリー:主要

柳津名物のあわまんじゅうを食べる児童
柳津名物のあわまんじゅうを食べる児童

主要

>>一覧