県内ニュース

  • Check

会津、長州共に前へ 日新館長宗像精さん 萩で初講演

 会津若松市の会津藩校日新館長の宗像精(ただし)さん(84)は26日、来年の戊辰戦争開戦150年を前に、長州藩のあった山口県萩市で初めて講演した。互いの先人が戦火を交えた歴史的な背景を忘却することはできないとしながらも、力を合わせて日本が世界に誇る成熟した精神文化や平和の尊さ、大切さを国内外に発信していこうと提言した。

 講演テーマは「戊辰150年の会津人の思い」。萩市をはじめ山口、下関など山口県内各地から約150人が訪れた。「いつまでも恨みを言っても仕方がない。ともに子どもたちの教育に力を注ぎ、日本の将来を考えていきたい」。熱いまなざしで問い掛ける宗像さんの言葉に、松陰神社立志殿に詰め掛けた聴衆はメッセージをかみしめながら聞き入った。
 持参した会津藩の家訓、会津藩士の子弟への教え「什(じゅう)の掟(おきて)」をはじめ白虎隊が自刃した場面を描いた図、会津藩主松平容保公の肖像写真を基に、藩の柱をなしていた精神論を説明し、会津藩が戊辰戦争で東軍(旧幕府軍)として西軍(新政府軍)と刃(やいば)を交えなければならなかった背景や理由などに持論を示した。
 戊辰戦争から150年を経ようとしている今なお、会津地方では長州藩を快く思わない人がいるという要因の説明では、会津藩の領民が戊辰戦争で受けた被害状況を記した資料、会津藩が“賊軍”扱いをされた1941(昭和16)年の教科書などを提示。その上で、「史実やさまざまな感情を考慮すると真の仲直りはなかなか難しいだろう。しかし、歴史を踏まえた方が結び付きは一層強くなるはず」と提案して、演壇を降りた。

■「思い伝わった」 参加者
 講演会は会津地方と交流を続けている萩市民の有志団体「長州と会津の友好を考える会」が節目を契機に主催した。代表で医師の山本貞寿さん(78)は講演終了後、宗像さんとともに記者会見に臨んだ。山本さんは「素晴らしい内容だった。萩市に来てもらって良かった」と笑顔を見せた。
 山本さんは幾度となく会津若松市に足を運んで歴史的な経過に理解を深めてきた。双方の本音と建前を熟知しているからこそ、今回の講演会を経ても和解を提案する考えはないという。ただ、「節目を迎える来年以降も会津と交流をしていきたい」と述べ、さまざまな構想を練っていることを明らかにした。
 会場に足を運んだ萩市の会社員原田靖子(のぶこ)さん(58)は「恨みつらみではなく、会津と長州が一緒に前を向いていこうという宗像さんの思いが伝わってきた。本当にいい内容の話だった」と感慨深げに語った。

■ゆかりの藩士の墓参拝 宗像さん
 宗像さんは講演後、萩市内にある長州藩士の前原一誠と奥平謙輔の墓を訪れ、手を合わせた。
 前原と奥平は会津藩士と交流があった。明治維新後の萩の乱で中心的な役割を担った人物としても知られる。
 奥平は東京、京都、九州の各帝国大学総長を歴任した元白虎隊士の山川健次郎を戊辰戦争後に書生として預かったとされている。山川は転機をもたらしてくれた奥平への恩義を終生忘れなかったという。
 宗像さんは山川健次郎顕彰会の会長を務めている。墓参を終え、「長州人が山川をつくってくれた。感謝したい」と感慨無量の面持ちだった。

カテゴリー:今日の撮れたて

身ぶり手ぶりを交えて熱心に講演する宗像さん
身ぶり手ぶりを交えて熱心に講演する宗像さん

今日の撮れたて

>>一覧