あぶくま抄・論説

論説

  • Check

【猪苗代湖の水質】県主導で日本一復活を(11月29日)

 猪苗代湖が水質日本一の座から転落して久しい。美しい水環境を取り戻すため、官民による美化活動などが展開されているが、日本一の復活には至っていない。湖の管理者である県が主導的立場をより明確にし、関係機関・団体などとの連携を密にして取り組みを強めるべきではないか。
 猪苗代湖は、環境省の湖沼水質測定で2002(平成14)年度から4年連続1位となった。水素イオン濃度、化学的酸素要求量、浮遊物質量、溶存酸素量、大腸菌群数の5項目全ての基準値を満たした湖沼を対象とし、順位をつける。一位の評価は国による総合的な美しさ、清らかさのお墨付きといえる。
 しかし、その後は大腸菌群数が基準値を超える年度が続いている。2008年度に基準値を満たして2位になったものの、再び基準値を超えるようになり、現在まで順位の対象外となったままだ。
 この間、県や関係市町村、大学、民間団体、NPO法人、企業などによる漂着水草の回収、湖岸のごみ除去、学習会・研修会開催、生活排水対策、水質研究などが進められている。2015年度のデータを見ると、もし大腸菌群数が基準値を満たして順位づけの対象となっていれば全国3位に相当する水質状況だった。決して劣悪な水環境にあるわけではなく、官民の活動は着実に成果を上げている。
 ただ、福島県の魅力を全国に強く訴えるためには、美しく豊かな自然を象徴する猪苗代湖に水質日本一の冠が欲しい。活動の強化、規模拡大が求められる。
 漂着植物の回収をしている人からは「取り除いてもしばらくすると、また同じ状態になる。人手が足りない」との声を聞く。ボランティアを支え、人数を増やすには交通費や清掃用具購入費の補助など公的支援が不可欠だ。一部実施されている助成もあるが十分ではない。砂浜清掃機、刈り取り船の稼働増など機械による美化・回収作業にも一層力を入れなければならない。
 郡山市、会津若松市、猪苗代町でつくる猪苗代湖環境保全推進連絡会は、地方財政が厳しい中で広大な猪苗代湖の水環境保全に必要な事業の展開には限界があるとして県に積極的、大規模な対策を要望している。県民の共有財産を守るため、県が大きく前に踏み出すときだ。
 2020年東京五輪・パラリンピックが迫る。水質日本一の猪苗代湖を抱き、復興に力強く進む福島県が国内外の観光客を迎えて活気づく。3年後、希望の光景を現実のものにしたい。(佐藤研一)

カテゴリー:論説

論説

>>一覧