県内のスポーツ

  • Check

五輪の頂点へ 猫魔で技磨く スノーボード高校1年の岩渕

 北塩原村の星野リゾート猫魔スキー場で技を磨いた女子スノーボード界の新星が来年2月の平昌冬季五輪出場を目指している。全日本強化メンバーの岩渕麗楽(れいら)(15)=キララクエスト=は9月のワールドカップ(W杯)の女子スロープスタイルでデビュー戦ながら4位に入り、成長株として注目を集めている。「平昌で金メダルを取りたい」。世界最高峰の戦いを見据え、意欲を燃やしている。
 岩手県一関市在住で一関学院高の1年生。障害物やジャンプ台を滑走し、空中技を織り交ぜる「スロープスタイル」、急斜面を跳んで空中技を競う「ビッグエア」の両種目で全日本スキー連盟の強化指定を受けている。国内大会で優勝を重ね、今季からW杯に本格参戦し、ニュージーランドでの開幕戦で入賞した。今季当初のW杯で実績を積み、代表選出を狙う。
 女子で最高難度とされる縦2回転、横3回転の空中技「バックサイドダブルコーク1080」を国内でいち早く習得した。ゼビオグループのゴルフパートナーが8月からスポンサーとなった。
 スノーボードを趣味としている両親の影響で4歳のころから板に乗り、小学生から本格的に競技を始めた。当初は地元スキー場で練習していたが、より質の高い練習環境を求め、国内のプロ選手も通う猫魔を拠点に選んだ。雪がない時期は宮城県村田町のエアーマットの練習施設「東北クエスト」で鍛えている。
 「怖いと思ったらその場ですぐにやれ」。父和宏さん(43)の激励の言葉に奮い立ち、数々の技を猫魔で身に付けた。「自分と向き合い、課題を克服して世界に挑む」。女子高生らしいあどけない表情の中にアスリートとしての芯の強さをにじませた。
   ◇   ◇
 女子スロープスタイル、ビッグエアでは猫魔、アルツ磐梯両スキー場を活動拠点として星野リゾートと所属契約を交わした鬼塚雅(19)=熊本市出身=も平昌冬季五輪のメダル候補として注目されている。
 日本代表は昨季と今季当初の国際大会の成績などを基に、1月下旬に決定される見込み。

カテゴリー:福島のスポーツ

平昌冬季五輪を目指し技の精度を高めるため、ジャンプの練習を繰り返す岩渕
平昌冬季五輪を目指し技の精度を高めるため、ジャンプの練習を繰り返す岩渕

福島のスポーツ

>>一覧