県内ニュース

主要

  • Check

民間同士で活動支える 「ふくしま百年基金」キックオフイベント

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興や地域活性化に取り組む団体を支援する「ふくしま百年基金」のキックオフイベントは2日、いわき市のチームスマイル・いわきPITで開かれた。参加者が来春を目標に創設される基金の概要や展望に理解を深めた。
 県内外のNPO法人や民間企業などでつくるふくしま連携復興センター(天野和彦代表理事)の主催。関係団体から約40人が参加した。特別ゲストの鵜尾雅隆日本ファンドレイジング協会代表理事が「コミュニティ基金が未来を変える!」と題して講演した。設立準備室から基金の概要や展望について説明があった後、パネルディスカッションが催され、「わたしたちの描く“百年後のふくしま”」のテーマで議論した。
 基金は、震災から6年8カ月余りが経過し、各団体が活動資金として受けられる復興関連補助金が減少していることを踏まえ、民間同士で活動を支えようと設立する。来春を目標に同センターが基金を運営する一般財団法人を創設する見通し。一般市民や企業、NPO法人などからの寄付で原資をつくり、復興や地域活性化に取り組む団体を支援する態勢を整備する。基金の問い合わせは同センター 電話024(573)2732へ。

カテゴリー:主要

「百年後のふくしま」をテーマに意見交換したパネルディスカッション
「百年後のふくしま」をテーマに意見交換したパネルディスカッション

主要

>>一覧