県内のスポーツ

  • Check

稲葉さん(日本代表監督)ら指導 県北、相双の少年100人

 昭和47年生まれの元プロ野球選手らでつくる「プロ野球47年会」の少年野球教室は3日、福島市飯坂町のJA福島ビル軟式野球グラウンドで開かれ、子どもたちが憧れの選手と交流した。
 JAふくしま未来とJA共済連福島の主催。47年会の会長で、今年7月に日本代表監督に就任した元日本ハムの稲葉篤紀さん、元中日の和田一浩さんら13人が訪れた。県北、相双地区の小学生約100人を招待した。
 稲葉さんらはキャッチボールや守備、打撃の基本動作、けが防止や安定したフォームづくりにつながるストレッチなどを分かりやすく説明した。参加した鹿島ウイングス(南相馬)の手戸芳紘君(鹿島小4年)は「(稲葉さんから)股関節を意識しながら、体の軸を動かすと安定した投球ができると教わった。日々の練習に生かしたい」と充実した表情だった。稲葉さんは「福島から一人でも多くのプロ野球選手が出てほしい」と激励し、参加した全員にサインボールをプレゼントした。

カテゴリー:福島のスポーツ

子どもに投球フォームを指導する稲葉さん(右)
子どもに投球フォームを指導する稲葉さん(右)

福島のスポーツ

>>一覧