県内ニュース

  • Check

野球通し友情深める 中学生15人、ハワイ訪問

 県内の硬式野球クラブに所属する中学生15人は11月30日から5日まで米国ハワイを訪れ、現地の野球チームと試合を通じて交流を深めている。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した県内の野球少年に夢を与えるのを目的に、東京都の一般社団法人モストワールドキズナが主催した。在ホノルル日本総領事館の後援。プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスなどの協力。
 1日にウエルカムパーティーがあった。県内の中学生が「本場アメリカで野球を愛する仲間と友情を深めたい」とあいさつした。
 2、3の両日に4試合戦った。ハワイトップクラスの中学生クラブチームに勝つなど成果を残した。青空の下、好ゲームを繰り広げ、絆を強めた。派遣団のアドバイザーとして同行している福島ホープスの岩村明憲監督や現地の選手らと記念撮影をした。

カテゴリー:今日の撮れたて

現地の野球チームと記念写真に納まる県内の中学生(黒色のユニホーム)。後列左端は岩村監督
現地の野球チームと記念写真に納まる県内の中学生(黒色のユニホーム)。後列左端は岩村監督

今日の撮れたて

>>一覧