県内ニュース

主要

  • Check

古里が誇る至高の技 ふくしま産業賞知事賞 日本全薬工業

 福島民報社が主催する第3回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)の各賞が発表になり、受賞企業の関係者は喜びに沸いた。最高賞・知事賞に輝いた日本全薬工業(郡山市)、福島民報社賞の林精器製造(須賀川市)と向山製作所(大玉村)、福島民報社奨励賞の中屋伝左衛門鋸(なかやでんざえもんのこぎり)こうば(会津若松市)とトラスト企画(いわき市)は受賞を機に、さらなる飛躍を誓った。

 「経営の質の向上に向けた活動が実を結んだ」。知事賞の知らせを受け、日本全薬工業会長の福井邦顕さん(73)と社長の高野恵一さん(64)は固く握手を交わした。社員から拍手が湧き上がり、郡山市の本社内は喜びに包まれた。
 昨年、創業70周年を迎えた。福井さんの父で創業者の故貞一さんから受け継ぐ「投げたらあかん」の精神で、動物用医薬品の研究・開発、製造、販売までを一貫して行う体制を確立した。ものづくりの挑戦を常に重ね、牛用固形塩「鉱塩」(こうえん)は発売後、半世紀が過ぎた今も多くの畜産農家が利用している。社員自ら考え行動する企業風土づくりを目指した取り組みが評価され、今年2月に日本経営品質賞(大企業部門)に輝いた。
 福島発を海の向こうに-。世界初となるイヌのダニアレルギー減感作療法薬「アレルミューンHDM」の開発を機に本格的に海外展開へ動きだした。高野さんは「世界に通用する、価値ある製品作りに一層まい進する」と決意を示した。

カテゴリー:主要

社員と共に知事賞を喜ぶ福井さん(手前左)と高野さん(同右)
社員と共に知事賞を喜ぶ福井さん(手前左)と高野さん(同右)

主要

>>一覧