あぶくま抄・論説

あぶくま抄

  • Check

プレミアライキ(12月8日)

 白い湯気から甘みが届く。かむごとにおいしさが広がる。極上のいわき産コシヒカリのブランド米プレミアムいわきライキだ。今月発売となった贈答用が人気を集める。お歳暮商戦の新たな一品に名乗りを上げた。
 米・食味鑑定士協会の国際大会で、優秀な農家に認定された生産者のコメを使っている。市内では12農家だけだ。プレミアムには、もっと理由がある。2ミリの網目で、小さな粒をふるい落とす。国の主食用米の基準は1・7ミリ以上だという。0・3ミリの差が最高の粘りや香り、歯応えを生み出す。
 いわき産の杉を使用した高級割り箸「九寸柾目[まさめ]利久箸」が2膳付く。中央部がやや太い。仲良くくっついている姿から夫婦利久と呼ばれ、贈り物には最適だ。いわきの業者が間伐材から仕上げている。ハワイ語で神聖なコメを意味するライキの文字が刻印され、ピンクの箸袋にはフラガール、塩屋埼灯台、ハイビスカスをあしらう。
 いわきの高級品の組み合わせは、うまさをさらに引き立てるだろう。「港町らしく魚の干物も付けたらいいのに…」とは言わず、今年は大地の恵みを贈ってみよう。感謝がこもった味は先方との心をつなぐ懸け橋となる。

カテゴリー:あぶくま抄

あぶくま抄

>>一覧