県内ニュース

主要

  • Check

福島空港活用へ多彩なアイデア 郡山でシンポジウム

 「福島空港活性化による観光振興シンポジウム」は9日、郡山市のホテルハマツで開かれ、空港活用に向けた多彩なアイデアが出された。
 実行委員会の主催。福島空港の定期路線増便と空港インフラを活用した観光振興を目指そうと企画した。約200人が参加した。
 主催者を代表し、真山祐一公明党県本部代表代行があいさつ。国土交通省航空局航空ネットワーク部の久保田雅晴部長が基調講演した。高田公生東北運輸局観光部長をコーディネーターに、野村達男ANA総合研究所「元気な日本」創生事業部主席研究員、品川萬里郡山市長、橋本明良県観光交流局長、若松謙維参院議員(比例代表、郡山市在住)がパネル討論を行った。
 パネリストからは「自治体の支所や空の駅の設置、滑走路でのマラソン大会などを企画すれば観光コンテンツとしての広がりを持つ」「退役後の政府専用機を福島空港で活用すべきだ」などの意見が出た。

カテゴリー:主要

パネルディスカッションに臨む(左から)野村、品川、橋本、若松の各氏
パネルディスカッションに臨む(左から)野村、品川、橋本、若松の各氏

主要

>>一覧