県内ニュース

主要

  • Check

広野で桜170本植樹 郡山学院 創立50周年を記念

 郡山市の学校法人郡山学院が運営するケイセンビジネス公務員カレッジの学生と郡山学院高等専修学校の生徒は15日、広野町の防災緑地で桜の苗木約170本を植樹した。
 同学院創立50周年記念事業の一環。学生と生徒、教職員の合わせて約370人が参加した。開会式では岡部隆男理事長が「桜の木が復興のシンボル、希望のシンボル、皆さんの成長のシンボルとなることを願いながら植樹してほしい」とあいさつ。ふくしま浜街道・桜プロジェクトに取り組んでいるNPO法人ハッピーロードネットの西本由美子理事長、小池敏哉県富岡土木事務所長があいさつした。
 植樹は10班に分かれて行われた。学生や生徒らはNPOのスタッフの助けを借りながら、あらかじめ穴が掘られた場所に一本一本丁寧に植えていた。

カテゴリー:主要

桜の苗木を植樹する生徒ら
桜の苗木を植樹する生徒ら

主要

>>一覧