県内ニュース

主要

  • Check

道の駅に農産物加工所 サルナシの菓子など開発 来年4月開所

 玉川村は村内の道の駅たまかわを拡張し、施設内に村営の農産物加工所を整備する。特産のサルナシやブルーベリーなどをジュースや菓子に加工し、道の駅で販売する。現在は加工・製造を外部業者に委託している。村内で加工品を製造することで農家の所得増につなげ、集客力を高める仕組みをつくる。国の地方創生拠点整備交付金の補助を受け、約9900万円を投じて建設中で、来年4月に開所する。

 事業のイメージは【図】の通り。道の駅に整備する農産物加工所に農家が農産物を持ち込み、加工品を製造・販売できるようにする。村内の各果樹組合などの生産者らで任意団体を組織し、村が運営を委託する。パート従業員数人を雇用し、農産物を地元で販売、消費する仕組みを整えて地域経済の循環を図る。
 増設する農産物加工所の延べ床面積は220平方メートル。既存の道の駅は251平方メートルでほぼ倍となる。ジュース、菓子、総菜の加工スペースを設け、果汁を搾る機械や冷蔵庫などの機器を設置する。道の駅の売り場も広げ、餅などを実演販売して来場者に村の農産物の魅力をアピールする。
 サルナシの知名度アップも進める。村のサルナシ栽培面積は約2・8ヘクタールで、全国有数の規模を誇る。ジュースは定番商品として人気があり、菓子などの新たな商品を開発し消費拡大を目指す。
 道の駅たまかわの売り上げは年間約2億円に上る。しかし、場所が幹線道路の118号国道から離れているため、県内外への出張販売が多くなっている。加工所の商品を道の駅で販売することで来場者を増やし、地元での売り上げ増につなげる方針だ。
 石森春男村長は「魅力的な加工品でさらに村に人を呼び込みたい」と話している。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧