県内ニュース

主要

  • Check

野田小が金賞 須賀川一、吉井田は銀 マーチング全国大会・小学生

 第45回マーチングバンド全国大会は16日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕した。初日はマーチングバンド部門小学生の部の小編成で野田小マーチングバンドクラブ(福島市)が金賞に輝いた。大編成で須賀川一小マーチングバンド部(須賀川市)と吉井田小マーチングバンド部(福島市)が銀賞を受賞した。
 野田は6年連続22回目の出場で、2年ぶりに金賞を受けた。42人が「つなごう、心と心を~WEST SIDE STORYから~」をテーマに、心を一つに「マリア」など5曲を披露した。岡部明希部長(6年)は「練習が実って本当にうれしい。マーチングって楽しいなと思った」と満面の笑みを浮かべた。顧問の板倉敦子教諭は「子どもたちは一年間、よく頑張った」とたたえた。
 須賀川一は2年連続15回目の出場となり、52人が「感謝 そして未来へ」をテーマに「ホーダウン」など4曲で演奏演技を繰り広げた。大竹咲羽部長(6年)は「見せ場で迫力のある演奏ができた。自分としては百点満点」と満足そうだった。顧問の鈴木あや子教諭は「積み重ねてきた練習の成果を出せた」と話した。
 吉井田小は2年連続19回目の出場で、51人が「アリス イン ワンダーランド」をテーマに「アイム レイト」など5曲を演じた。顧問の菅野あゆみ教諭は「子どもたちの頑張りに金賞をあげたい」と語った。真壁大知部長(6年)は「銀賞は悔しいけれど、みんなでやり切れて良かった」と充実感をにじませていた。

カテゴリー:主要

心を一つにした演奏演技で金賞に輝いた野田小
心を一つにした演奏演技で金賞に輝いた野田小

主要

>>一覧