県内ニュース

  • Check

配送ロボ始動 日本郵便が南相馬で実験

 日本郵便は21日、自動走行するロボットを使って荷物などを配送する初の実証実験を南相馬市スポーツセンターで行った。
 浜通りにロボットなど新産業の集積を目指す福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の一環として実施した。市は配送ロボットを市民生活で利用したい考えで、今回の実証実験が実現した。
 ロボットは全長約1・3メートル、高さ約1・1メートル、幅約0・8メートルで、最高時速6キロ。荷物は6カ所に計100キロ積むことができ、側面に出し入れする扉がある。カメラとセンサーで人を感知し、衝突直前に自動で停止する。実験では仮想郵便局で荷物を積み、仮想のコンビニエンスストアや個人宅で荷物の受け渡しを行った。約800メートル走行した。
 日本郵便は物流量の増加や人手不足への対応を念頭に今後も実証実験を行い、運用開始時期を検討する。実験には市、県、ローソン、東北日立、ロボット開発メーカー「ZMP」が協力した。

カテゴリー:今日の撮れたて

自動走行ロボットから荷物を受け取る関係者
自動走行ロボットから荷物を受け取る関係者

今日の撮れたて

>>一覧