県内のスポーツ

  • Check

遠藤(猪苗代高出身)五輪狙う 地元の猫魔で練習

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪への出場を目指しているフリースタイルスキーモーグル男子の遠藤尚(忍建設、猪苗代高出身)は27日、北塩原村の星野リゾート猫魔スキー場で報道陣に練習を公開した。
 遠藤は五輪シーズンを迎え、11月から今季のワールドカップ(W杯)を転戦している。30日から再び海外遠征に出発するのを前に猪苗代町の実家に戻って3日間、地元のスキー場で調整している。この日はコース斜面に簡易の練習台を自ら設営し、今季のW杯で気付いた課題を踏まえ、踏み切りのタイミングの確認などに精力的に取り組んだ。
 練習後に報道陣の取材に答え、「大会が続き、なかなか練習の機会が少ないのでしっかりと回数を跳びたい」と地元での練習の狙いを語った。
 遠藤は平昌代表に決まると冬季五輪3大会連続出場となる。平昌を「競技人生の集大成」と位置付け、引退覚悟のシーズンを過ごしている。「今度の五輪は最後のトライ。しっかりと調整し、悔いがないように臨みたい」と意気込んだ。
 遠藤は今季開幕戦で4位に入る活躍を見せた。既に全日本スキー連盟の五輪派遣推薦基準はクリア。最大4枠の日本代表入りを争っている。1月にカナダ、アメリカで開かれる計4戦の戦績などを踏まえ、1月下旬に代表内定が決まる。

カテゴリー:福島のスポーツ

星野リゾート猫魔スキー場でジャンプの練習に励む遠藤
星野リゾート猫魔スキー場でジャンプの練習に励む遠藤
練習後に報道陣の取材に答える遠藤
練習後に報道陣の取材に答える遠藤

福島のスポーツ

>>一覧