県内ニュース

  • Check

新年へ大鏡餅奉納 郡山の安積国造神社

 郡山市の安積国造神社(安藤智重宮司)は28日、大鏡餅の奉納式を行い、新年を迎える準備を整えた。
 午前5時から氏子ら約60人が威勢の良い掛け声を境内に響かせ、4つの臼を使って1石(約150キロ)のもち米をついた。
 地域の子どもたちは千本ぎねを使って参加した。冷え込みが厳しい中での作業となったが、境内には白い湯気と参加者の熱気が立ち込めた。

 完成した大鏡餅は直径90センチほどで、2つ重ねると高さは約60センチ。氏子らがみこしに乗せて担ぎ、拝殿に供えて五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全などを願った。
 大鏡餅つきは伝統行事として年末の風物詩となっている。

カテゴリー:今日の撮れたて

安積国造神社拝殿に奉納された大鏡餅
安積国造神社拝殿に奉納された大鏡餅

今日の撮れたて

>>一覧