県内ニュース

主要

  • Check

現職続投求める声 知事選、各党の動き活発化へ

 内堀雅雄知事(53)は11月11日に1期目の任期満了を迎える。秋に予想される次期知事選に向けた態度を今のところ明らかにしていないが、県内政党の関係者から内堀氏の続投を求める声が出始めている。各党は今後、知事選に向けた動きを活発化させる見通しだ。
 自民党県連は現時点で知事選への対応を決めておらず、今春の定期大会で一定の判断を示す方向とみられる。県連内には内堀氏が進める復興政策を評価する意見があり、内堀氏への支援を視野に検討が進むとみられる。
 民進党県連は内堀氏と後援会の意思を尊重しながら判断する方針だが、県連内には内堀氏の続投を望む声が出ているという。県議会で会派を組む社民党県連、支持母体の連合福島との三者協議の枠組みで対応を検討するもようだ。
 公明党県本部は年度内をめどに内堀氏の1期目の実績や政治姿勢などを総括し、対応を判断する見通し。
 共産党県委員会は2月定例県議会以降、独自候補の擁立も含めて結論を出す考えだ。
 内堀氏は就任から丸3年となる昨年11月の報道各社のインタビューで2期目について問われ、「まず目の前にある課題の解決に全力を尽くす」と明言を避けた。昨年12月に開いた政治資金パーティー「内堀雅雄知事を励ます会」でも態度を明らかにしなかったが、「今後も復興・創生のミッションを達成するために行動を続ける」と強調した。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧