県内ニュース

主要

  • Check

多幸願って水掛け合う 三春・西方地区で奇祭

 三春町西方地区に伝わる年頭の奇祭「西方水かけ祭り」は1日、同地区の塩釜神社近くの水田で催された。
 各家庭の無病息災や子孫繁盛、五穀豊穣(ほうじょう)などを願い、400年ほど前から続く伝統行事。数え年で35歳以下の長男でつくる「西方若連会」が代々引き継いでいる。
 若連会員5人が近くの大滝根川で身を清め、神社で参拝した後、上半身裸に頬かむりの装いで水田に姿を現した。地域住民や観光客が見守る中、井戸水を張った田んぼの水をバケツで掛け合った。泥まみれになりながら万歳三唱を繰り返し、1年の多幸を願った。

カテゴリー:主要

新年の多幸を願い、田んぼの水を掛け合う若者
新年の多幸を願い、田んぼの水を掛け合う若者

主要

>>一覧