県内ニュース

主要

  • Check

患者移送が無事終了 福島・大原綜合病院 4日から外来開始

 福島市大町から同市上町に移転新築した大原綜合病院は1日、旧病院棟から新病院棟へ患者を移送した。午前と午後の2回に分けて計約3時間かけて作業し、旧病院棟と市内鎌田の大原医療センターの患者合わせて69人を移した。元日に県都の中心部で異例の患者の引っ越しが無事行われた。
 移送距離は旧病院棟から平和通りと県庁通りの交差点を挟んで北東へ約150メートル。同病院や福島市消防本部の職員など約400人が参加し、救急車や介護用タクシーなど14台が出動した。各患者の病状に合わせ、ストレッチャーや車椅子に乗せて救急車などで運んだ。雪や雨に備え病院前にテントや風よけを設けた。患者を病室に運び終えると、看護師が患者の体温や血圧を測り、体調を確認した。
 新病院棟は免震構造の鉄骨造り10階建てで、病床数は353床。質の高い臨床画像の撮影が可能な高精細エックス線コンピューター断層撮影装置(CT)を導入し、高度専門医療を提供する。県北地域の民間病院で初めて屋上ヘリポートを整備し、救急医療を充実させる。
 4日に新病院棟での外来診察を始める。外来受け付けは初診が午前8時半、再診が午前7時半からで、ともに午前11時まで。問い合わせは大原綜合病院 電話024(526)0300へ。
 旧病院棟は今後取り壊され、駐車場として活用される予定。

カテゴリー:主要

1日に開院した大原綜合病院=福島市上町
1日に開院した大原綜合病院=福島市上町

主要

>>一覧