県内ニュース

  • Check

小高神社はしご乗り 力強い妙技披露

 南相馬市小高区の相馬小高神社で4日、新春恒例のはしご乗りが奉納された。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興や無病息災、火難消除を願う力強い妙技が披露された。
 県鳶(とび)土木工業連合会相双支部の主催。威勢のいい纏(まとい)振りが披露された。太夫(たゆう)5人が長さ21尺(6メートル36センチ)のはしごの上で「鯱(しゃち)」や「両膝八艘(はっそう)」などの技を繰り広げた。
 観衆は技が成功するたび歓声を上げ、大きな拍手を送っていた。

カテゴリー:今日の撮れたて

復興を願い、はしご乗りを奉納する太夫
復興を願い、はしご乗りを奉納する太夫

今日の撮れたて

>>一覧