あぶくま抄・論説

日曜論壇

  • Check

七草粥(1月7日)

 今日七日は「人日[じんじつ]の節供[せっく]」だが、七草粥[がゆ]を食べる日といったほうがわかりやすい。民俗学者の柳田国男は「本来季節の節目に神に供する食物の意、ゆえに節句ではなく、節供というべきだ」と『年中行事覚書』に記している。
 唐の時代、季節の変わり目を「節」と言った。陰陽五行思想では奇数を陽、偶数を陰とし、陽数が重なる月日は陽と陽で偶数の陰になってしまう。それを避けるために祭事を行い、季節ごとの旬の食べ物を食べることによって、生命力をもらい、その力で邪気を払う。中国の陰陽五行思想に由来し定着したもので、日本の暦における伝統的な年中行事の一つだ。
 節供を行う代表的な日が、人日(1月7日)、上巳[じょうし](3月3日)、端午[たんご](5月5日)、七夕(7月7日)、重陽[ちょうよう](9月9日)の五節供である。
 平安時代に中国から伝わり、日本の宮中行事などが合わさったもので、江戸時代初期に江戸幕府によって武家の公的な行事・祝日として定められ、後に民間にも広まったようだ。古代中国の「人を占う日、人日」が1月7日で、この日に薬効成分がある七草をスープにして飲んでいたことから、七草粥を食べることはその年の無病息災を願うとともに、正月に食べた料理やお酒で弱った胃腸を休めるためでもあった。
 1873(明治6)年に暦を「太陰太陽暦」から新暦に変えるに伴って公的には廃止されたが、こうした風習は広く民間に残り、現在に至っている。
 七草は「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、これぞ七草」と、実にリズミカルな覚え方がある。これらは七草粥用のセットになってスーパーなどで売られている。地元の食材で賄えるようになったのはうれしいことだ。
 新しい年を迎え、震災と原発事故から間もなく8年目を迎えるが、いまだ風評は払拭[ふっしょく]されない。年末、県内産の見事なリンゴとラ・フランスが自宅に届いた。同封の放射性物質測定結果報告書には「セシウム検出せず」とあった。この報告書を得る手続きなどに煩わされている生産者に心を寄せると胸が締め付けられる。
 中国には古来、正月1日は鶏の日、続いて狗[いぬ]、猪[いのしし]、羊、牛、馬の日となり7日は人の日とする風習があったようだ。この日は刑罰者にも寛大であったらしい。ならば、事故の責任者をいつまでもとがめることはしないが、原子力の寿命を40年から60年に延長するような危険な考えはやめてほしい。
 七草粥の野菜は全て胃腸に良い安全なものばかりだ。年末から正月にはいささか食べ過ぎのきらいがあるだけに、この日に食する意義は感じるが、風評被害や明確にされない廃炉のことなどでのストレスはこの食材だけでは癒やされない悔しさを覚える。(磐城桜が丘高校同窓会長・玉手 匡子)

カテゴリー:日曜論壇

日曜論壇

>>一覧