県内ニュース

  • Check

今年初の試験操業 いわき市、小名浜機船底曳網、相馬双葉漁協

 いわき市、小名浜機船底曳網、相馬双葉の各漁協は9日、本県沖で今年最初の試験操業を実施した。各漁協合わせて計24隻が底引き網漁や船引き網漁で水揚げし、港は活気づいた。
 いわき市漁協は勿来漁港から出漁した6隻が底引き網漁でヒラメやキアンコウなど約1・5トンを漁獲した。勿来漁港から市内平の沼之内魚市場に陸送し、放射性物質検査で検出下限値未満と確認した後、入札で仲買業者らが競り落とした。
 いわき市漁協の江川章組合長(70)は「今年も漁業者が一丸となって本格操業再開に向けた準備を進めていきたい」と抱負を述べた。

カテゴリー:今日の撮れたて

今年最初の試験操業で漁獲された魚を競る仲買業者ら=いわき市・沼之内魚市場
今年最初の試験操業で漁獲された魚を競る仲買業者ら=いわき市・沼之内魚市場

今日の撮れたて

>>一覧