県内ニュース

  • Check

「110番」は正しく 高倉さん(サッカー日本女子代表監督)啓発

 サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督(福島市出身)は「110番の日」の10日、県警本部の1日通信指令室長に就任し、県民に110番通報の適切な利用を呼び掛けた。
 県庁で松本裕之本部長から委嘱状を受けた。通信指令室勤務の警察官約20人に「困った時に頼りになるのは警察官です。安全と安心のために頑張ってください」と激励した。
 県庁内にある通信指令室で模擬の110番通報を受理した。福島市で起きた交通事故の状況を聞き取り、現場の警察官に対応を指示していた。
 県警が昨年、受理した110番通報の件数は11万7207件で、うち不要・不急の通報は36・9%に当たる4万3298件。近年、総受理件数が横ばいで推移しているのに対し、不要・不急の通報は増加傾向にある。

カテゴリー:今日の撮れたて

通信指令室で110番通報の受理体験をする高倉監督(中央)
通信指令室で110番通報の受理体験をする高倉監督(中央)

今日の撮れたて

>>一覧