県内ニュース

主要

  • Check

2市長選告示まで1週間

■伊達 6人の選挙戦濃厚

 任期満了に伴う伊達市長選は21日の告示まで一週間となった。4選を目指す現職仁志田昇司氏(73)=無所属=と元県県北農林事務所長の須田博行氏(59)=無所属=、元市議の高橋一由氏(65)=無所属=、元県議の遠藤保二氏(69)=無所属=、市議の橘典雄氏(68)=無所属=、市農業委員の佐藤易広氏(76)=無所属=の新人5人が立候補を表明し、6人の選挙戦となる見通しだ。
 仁志田氏は昨年の9月定例市議会で立候補を表明。東北中央自動車道「相馬福島道路」を生かしたまちづくりを進めると訴える。
 須田氏は昨年11月に立候補を表明した。県職員として培った経験を生かし、農業活性化などに取り組む姿勢をアピールする。
 高橋氏は昨年11月、立候補を表明した。暮らしやすい生活環境整備や市内全域の除染、大型商業施設誘致を前面に打ち出す。
 遠藤氏は昨年12月に立候補を表明。県議の実績を生かし人口減少対策に取り組み、活力ある地域づくりを目指すとしている。
 橘氏は昨年12月に立候補を表明。放射性物質対策としてきめ細かな除染を唱える。
 佐藤氏は昨年12月に立候補を表明した。商工業発展と農業活性化を強調している。
 投票は28日午前7時から午後6時(霊山町石田坂ノ上投票区は午後5時)まで市内25カ所で行われ、同日午後7時半から霊山体育館で開票される。昨年12月1日現在の有権者数は5万3059人(男2万5794人、女2万7265人)。

■喜多方 新人2人の戦いへ

 任期満了に伴う喜多方市長選は21日の告示まで一週間となった。これまでに元県議の新人遠藤忠一氏(69)=無所属=と元市建設部長の新人菅野康裕氏(62)=無所属=が立候補を表明している。
 遠藤氏は県議6期22年の経験と人脈を生かし、夢と希望のある古里を目指すとアピールしている。
 菅野氏は市職員の行政経験を強調し、5市町村合併後の検証とデータ化、待機児童の解消など訴える。
 投票は28日午前7時から市内42カ所で行われる。旧喜多方地区、旧塩川地区は午後7時まで、旧熱塩加納地区、旧山都地区、旧高郷地区は午後6時までで、同日午後8時半から押切川公園体育館で開票される。昨年12月1日現在の有権者数は4万1154人(男1万9465人、女2万1689人)。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧