県内ニュース

主要

  • Check

三河台小など東北出場 県アンサンブルコンテスト開幕

 吹奏楽の第45回県アンサンブルコンテストは13日、福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開幕した。初日は小学校、中学校の両部を行い、6団体が金賞・東北大会県代表に選ばれた。
 県代表となったのは小学校の部は三河台・木管三重奏(福島市)と伊達・金管八重奏(伊達市)の2団体、中学校の部は信夫・木管五重奏(福島市)、郡山一・木管三重奏(郡山市)、平三・金管八重奏(いわき市)、原町一・木管八重奏(南相馬市)の4団体。
 県吹奏楽連盟などの主催、県高校文化連盟の共催。小学校の部に15団体、中学校の部に45団体が出演し、仲間とともに磨いた音色を響かせた。
 最終日の14日は高校、大学、職場・一般の各部を行う。東北大会は2月11日、同センターで開かれる。
 県代表以外の金賞は次の通り。

 ◇小学校=植田・打楽器三重奏、植田・木管八重奏(いわき)伊達・木管八重奏(伊達)城西・サクソフォン四重奏(会津若松)
 ◇中学校=岳陽・打楽器四重奏(福島)坂下・打楽器五重奏(会津坂下)原町一・打楽器三重奏、原町三・サクソフォン四重奏(南相馬)中央台南・木管八重奏、平二・金管八重奏、中央台北・サクソフォン四重奏(いわき)若松四・木管八重奏、若松二・木管八重奏(会津若松)郡山六・木管八重奏、郡山七・木管八重奏(郡山)

カテゴリー:主要

磨き上げた音色を披露する出演者
磨き上げた音色を披露する出演者

主要

>>一覧