県内ニュース

主要

  • Check

小松さんたたえる 「ものづくり大賞」表彰式

 製造業の振興に貢献する人材を表彰する政府の「第7回ものづくり日本大賞」の表彰式は22日、首相官邸で行われ、内閣総理大臣賞に輝いたいわき市の小松技術士事務所長の小松道男さんらをたたえた。
 安倍晋三首相が「『地球環境に優しい製品をつくりたい』などそれぞれの情熱と努力がものづくり大国日本の底力となっている。日本のものづくりの未来を担ってほしい」とあいさつし、小松さんらに表彰状を手渡した。小松さんは「技術研さんに今後も真摯(しんし)に取り組む。福島発の技術を世界に普及させ、地球温暖化抑止や海洋プラスチックごみ問題解決に協力したい」と喜びを語った。
 小松さんは植物を原料としたプラスチックの成形技術を生み出した。環境に優しい自然由来のプラスチック製品が世界的に普及するきっかけになるとされ、昨年11月にはフランス・リヨンで開かれた天皇誕生日祝賀レセプションに自身の特許を基に生産した食器を出展し、注目を集めた。国内外で特許を取得し、知的財産化したことがその後の広がりにつながっている。国内企業と協力して商品開発を進めており、子ども用食器を製造販売している愛知県新城市の豊栄工業の美和敬弘常務と連名で受賞した。内閣総理大臣賞には小松さんらを含め、24件71人が選ばれた。
 内閣総理大臣賞に次ぐ経産大臣賞「伝統技術の応用部門」には本県から二本松市の大七酒造の太田英晴社長が選ばれている。経産大臣賞の表彰式は2月5日に都内で行われる。

■24日、知事に報告
 小松氏は24日、県庁を訪れ内堀雅雄知事に受賞を報告する。

カテゴリー:主要

安倍首相から内閣総理大臣賞を受けた小松さん(左)
安倍首相から内閣総理大臣賞を受けた小松さん(左)

主要

>>一覧