県内ニュース

主要

  • Check

「たびとほっこり祭」継続へ 支援金額が目標達成

 資金確保の見通しが立たず開催が危ぶまれていた、いわき市田人町の地域イベント「たびと ほっこり祭」は今年も11月に開催することになった。田人地域振興協議会が福島民報のクラウドファンディング「応援資金で地域と産業を元気にするサイト フレフレふくしま応援団」で開催資金を募ったところ、支援金額が目標金額の82万6000円を達成した。
 今後、実行委員会を開催して具体的に詰める。協議会の蛭田一会長(66)は「共感していただき、本当に感謝している。若者らの意見を聞き、田人の一大イベントを充実させたい」と話している。支援金の募集期間は今月30日まで。
 ほっこり祭は毎年開催し、昨年11月で10回目となった。しかし、市の規定で今年から補助金が打ち切りとなるため、開催が見通せなかった。高齢化が進む中、緑豊かな田人を活性化させようと地区挙げて取り組み、観光客らから人気を集めてきただけに、開催資金の確保が懸案だった。集まった支援金はボンネットバスツアーなどの費用に充てる。
 支援は1口1000円から1万5000円まで7コースあり、金額により、田人の美しい映像を収めたDVDをはじめ、綱木クマガイソウ群落やクリンソウ群生地、いちご園の入園券などの返礼品がもらえる。
 詳細はウェブサイトで紹介している。URLはhttp://www.kickoffjapan.com/fukushima/
 フレフレふくしま応援団は地域に貢献する事業や企業の取り組みへの資金をインターネットで募る仕組み。いわき市のキックオフの協力、東邦、福島、大東の各銀行、県信用金庫協会、県信用組合協会の連携を受けて運営している。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧