県内ニュース

主要

  • Check

戊辰×二本松少年隊に 今秋の菊人形展テーマ決まる

 今年秋の二本松の菊人形は戊辰戦争開戦150年の節目に合わせ、「戊辰150年~信義×二本松少年隊~」をテーマとする。会期は10月10日から11月25日までの47日間。菊人形を主催する二本松市の二本松菊栄会が25日、理事会を開いて決めた。
 戊辰戦争の戦渦に巻き込まれた旧二本松藩を中心に場面を展開する。古里や家族を命懸けで守ろうとした二本松少年隊に焦点を当て、菊人形で紹介する。日本の歴史や旧二本松藩が重んじた信義、古里を愛する心を学べる機会にもつなげたいとしている。
 従来の客層に加え、歴史に興味のある20~40代の女性「歴女(れきじょ)」や若者、家族連れの誘客を図る。
 テーマにつけた「×」は旧二本松藩主丹羽家の家紋「直違紋(すじかいもん)」にちなんだ。昨年のテーマは「EDO TRIP」で、幕末を除く江戸時代の文化や出来事を菊人形で紹介した。開場時間は午前9時から午後4時まで。入場料金は引き続き大人700円、中学生以下無料とする。
   ◇  ◇
 理事会では役員改選が行われ、代表理事会長に三保恵一市長を選んだ。任期は前任者の残任期間である2017事業年度の最終評議員会まで。

カテゴリー:主要

多くの来場者でにぎわった二本松の菊人形会場=2017年10月14日
多くの来場者でにぎわった二本松の菊人形会場=2017年10月14日

主要

>>一覧