県内ニュース

主要

  • Check

教育旅行PR 県が東京でフォーラム

 県の「チャレンジふくしまフォーラムin首都圏」は30日、東京都中央区のコートヤード・マリオット銀座東武ホテルで開かれた。復興に向けて挑戦する県民の姿を見ることで自らを成長させる旅行を「ホープツーリズム」として紹介し、来場者に県内訪問を呼び掛けた。
 フォーラムは県が国内各地で開いており、東京での開催は4回目。今回はホープツーリズムをテーマとし、旅行会社や学校の関係者ら約200人が来場した。内堀雅雄知事が東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示の状況、県産農林水産物の安全確保対策、新産業創出などの取り組みを説明した。教育旅行の再生が課題とし、ホープツーリズムの魅力を語った。
 教育評論家の尾木直樹さんが「尾木ママ流ふくしまホープ・トーク」と題して講演した。研修旅行などで県内を訪れた学校、企業の関係者によるトークが繰り広げられた。

カテゴリー:主要

ホープツーリズムの魅力を語る内堀知事
ホープツーリズムの魅力を語る内堀知事

主要

>>一覧