県内ニュース

主要

  • Check

第41回 福島民報出版文化賞 2017年出版の著作物顕彰

 福島民報社は「第41回福島民報出版文化賞」の作品を募集します。この賞は県民文化の向上を願い、福島民報社が県と県教委の後援を受けて創設しました。今回は2017(平成29)年に出版された県内在住者(東日本大震災で県外に避難している人を含む)の優れた著作物を顕彰します。
 正賞受賞者には郡山市出身の彫刻家・佐藤静司さん(東京)によるブロンズ製レリーフ「笛を吹くピエロ」=写真=、副賞の賞金10万円を贈ります。
主催 福島民報社
後援 福島県
福島県教育委員会

■募集要項 4月6日 締め切り

 第41回福島民報出版文化賞の募集要項は次の通り。
【対象出版物】県内在住者(東日本大震災により県外へ避難している人を含む)が2017(平成29)年1月1日から12月31日までに著作、出版した単行本。文学一般、評論、伝記、記録、学術研究、写真集、その他分野は問わない。政治、宗教活動、商業宣伝性が強いものは対象外とする。著作者は個人、団体のいずれでもよい。
【応募方法】自薦、他薦は問わない。応募出版物は必ず3部提出する。別紙に(1)出版物名(題名)(2)著作者(団体の場合は代表者)の氏名、住所、生年月日、年齢、職業、電話番号(3)出版社(者)名と住所、電話番号-を明記し、添付する。別紙の様式は自由。他薦の場合は推薦者の氏名(団体名)、住所、職業、電話番号を明記する。応募出版物は返却しない。
【応募先】郵便番号960-8602 福島市太田町13ノ17、福島民報社文化部「福島民報出版文化賞」係。
【締め切り】2018年4月6日(金)。郵送するか直接持参する。郵送の場合、当日の消印有効。
【審査】各界識者で組織する専門委員会が予備審査し、審査委員会が入賞作品を決定する。発表は7月の予定。
【表彰式】7月に福島市で行う予定。
【問い合わせ】福島民報社文化部 電話024(531)4141へ。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧