県内ニュース

  • Check

松川浦産青ノリ7年ぶりに出荷

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で見合わせが続いていた相馬市松川浦の青ノリ(ヒトエグサ)の出荷が5日、約7年ぶりに再開された。県内で唯一、東日本では最大規模の青ノリ生産地からの出荷は、本県漁業復興の大きな弾みになると関係者は期待している。収穫作業は4月末まで続く。
 午前6時半ごろ、相馬双葉漁協松川浦地区所属の漁業者が小型船9隻で出港し、ノリ棚の網に付いた青ノリを機械で吸い取った。約740キロを水揚げした。
 放射性物質検査と脱水作業を経て仲買業者に引き渡され、市内のスーパーなどの店頭に並んだ。これまでの放射性物質検査で国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えたものはない。当面は生ノリのみを販売する。
 震災の津波で、ノリ網を固定する柵約2万4000基が流された。漁協は柵を再建し、加工施設を除染して再開に備えた。

カテゴリー:今日の撮れたて

7年ぶりの出荷に向けて、松川浦で青ノリの収穫作業に当たる漁業者=5日午前7時ごろ
7年ぶりの出荷に向けて、松川浦で青ノリの収穫作業に当たる漁業者=5日午前7時ごろ

今日の撮れたて

>>一覧