県内ニュース

主要

  • Check

福島市のネーミングライツ 2社に決定

 福島市が市所有の3施設で募集していた命名権者(ネーミングライツ・パートナー)が決まった。児童公園はビルメンテナンスのエスエフシー(福島市)、パークゴルフ場と体育館・武道場(建設中、仮称)は市内でケーブルテレビ事業を展開するニューメディア(本社・山形県米沢市)が選ばれた。
 愛称は児童公園が「ふくしま児童公園SFCももりんパーク」、パークゴルフ場は「NCVふくしまパークゴルフ場」、体育館・武道場は「NCVふくしまアリーナ」。
 児童公園は4月から2年契約で契約料は年200万円。パークゴルフ場は4月から4年間で年間60万円、体育館・武道場は開館予定の10月から5年間で年間300万円。
 木幡浩市長が8日、市役所で記者会見して発表した。この後、川上征司エスエフシー社長と中川宏生ニューメディア常務福島センター長に承認証を手渡した。
 川上氏は「子どもたちに親しみやすい名前にした。多くの子どもに利用してほしい」と述べた。中川氏は「地域に密着し、スポーツを応援するために応募した。地域の交流を進めたい」と語った。
 市は、3施設以外の施設でも命名権導入の希望があれば名称の提案を受け付ける。

カテゴリー:主要

愛称を紹介する(左から)中川、木幡、川上の各氏
愛称を紹介する(左から)中川、木幡、川上の各氏

主要

>>一覧