県内ニュース

主要

  • Check

切り花も日本一 福島市の一世帯年間購入額

 総務省の2017(平成29)年家計調査で、福島市の一世帯(2人以上)当たりの切り花の年間購入額(速報値)は1万4844円で、全国1位になった。市は同調査で卵、納豆、豚肉、桃、清酒なども日本一となっている。
 調査は、総務省が全国の都道府県庁所在地と政令指定都市合わせて52都市で実施している。総務省が2017年1月から12月まで月別に発表した平均購入額を合計した福島市の一世帯当たりの切り花の年間購入額は前年の3位から順位を上げ、2年ぶりに首位の座を奪還した。2位は仙台市で1万4695円、3位は鳥取市で1万2665円だった。
 花見山公園園主で花木農家の阿部一夫さん(66)は「福島市は昔から花材の生産地として知られ、花が市民の身近にあったことが日本一の理由ではないか。今春も全国の観光客を美しい花でお迎えしたい」と話している。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧